FC2ブログ











スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

報復

今年の夏も暑くなりそうですね。黒助です。

先日の15日の郡山のイベント、お疲れ様でした。ちょっと微妙な天気でしたが、無事終わって良かったです。

まだ申し込みはしていませんが、次回の郡山のイベントにも参加しようと考えています。どぞよろです。

で、直近の次回参加予定のイベントは22日の仙台コミケです。こちらもどぞよろです(´▽`*)


以下、どうでもいい戯言なので真面目に読まないでください。俺自身、よく分かってない部分多いので。

大津のいじめ自殺のニュースを見てて思うんだけど・・・少年法って何なんだろうなぁ、と思う。

この事件に限ったことじゃなく、未成年というだけで「少年A」であり、年齢によっては刑事責任に問うことができない。

例えば、犯人が中学生ぐらいの子どもだったとして、自分の家族や恋人が故意に殺されても、それは殺人罪にはならない。

それで遺族が納得できるだろうか?許せるだろうか?

そして事件が風化されていき、周囲の人間の記憶も薄れていく。なんとも虚しいものである。

話が逸れたかも・・・。

過激な言い方になるかもしれないが、いじめた人間には、いじめられた人間の苦しみを分からせるべきだと思う。

因果応報と言うのだろうか。もしリンチされたのであれば、その痛み、苦しみ、悲しみを知るべきじゃなかろうか。

自殺の練習がどういうものか分からないが、是非、いじめっこにもやって頂きたい。いや、やるべきだろう。

いくら少年法であろうと、更生の余地があろうと、犯した罪に対してそれ相応の刑罰というのは必要だと思うのだが。

うーん・・・俺の考えはおかしいのかなぁ・・・(´・ω・`)=з


よく分からんことで長くなった、いかんね;

それでは、また(*´∀`)ノシ
スポンサーサイト
[ 2012/07/18 00:27 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://atelierwhiteandblack.blog5.fc2.com/tb.php/226-df86e2b5


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。